FC2ブログ

タイトル画像

北海道へ行ってきた(8)

2012.08.15(11:25) 80

これでついに旅の話が終わるか…

終わるのかっ!?

言っておきますときりの特徴としては、
最初にデジカメでパシャリまくると
後半は全然撮れていないことが
多いのです…つまりネタも少ないと…
きりです(・∀・)
さて、世間一般ではマイナーな地
江差を後にして函館へ。

車でだいたい1時間ぐらいですが、
さすがにみなさんここへきて
お疲れ感があった気がします。
まぁ、普段インドアな方が多いので、
紫外線を浴びるとゾンビのように
なってしまうからでしょうな(・∀・)

さて、そんなこんなで疲れつつも
無事に函館へ到着。市内に入ってしばらくすると、
交通規制の立て看板があちこちに…
よくみてみると、この日は函館の花火大会が
あるそうで、イベント的にはラッキーで、
車の移動からすると困ったことに(;´Д`)

計画では函館の煉瓦倉庫で
少し買い物+夜の宴会おつまみを購入して
そのあとホテルで食事をしてから
函館山にケーブルカーに乗って夜景を
見よう…そんな感じだったのですが、
交通規制で動けなくなるのは困るってことで、
そそくさと煉瓦倉庫で買い物を済ませ、
ホテルへ行くことに。


12071571.jpg
12071570.jpg
…ま、このパーティがそそくさと
終わらせられるはずもなく、
煉瓦倉庫ではしっかり時間をくって、
北海道民は※相変わらずの土産物満載で
戻って参りました。

※北海道民は前科持ちで、大阪オフ会でも
時間ぎりぎりまで土産物を
たんまりと買い込んでおりました。
ちなみにお土産は今は無き「面白い恋人」(・∀・)

そうそう、ここでないと手に入らない土産がいくつかあって、
ちゃんと下調べをした人はいいアイテムを
ゲットしてました…何かといいますと、
詳しくはこの方のブログで(´∀`)
いやぁ…マジデ羨ましいです…

予定調和な時間が過ぎ、
函館市街から東へ10kmほど離れた場所にある
ホテル「望楼NOGUCHI函館」へ。
モダンでオサレな外観と内装でカップル客から
家族連れで人気のお宿…と、
実のところ、当初は隣にある某ホテル啄○亭に
宿泊予定だったのですが、ダブルブッキング
したらしく、そのためこちらのホテルへ移ることになったのです。

しかしWブッキングって…ヨクアルことなのか?
アフリカではヨクアルのか?
手配した楽○が悪いのか、ホテル側が悪いのか…
多分○天が悪いのでしょうね(偏見)

当初はこれで悪いホテルだったらたまらないね…
って話をしていたのですが、
いざチェックインしてみると普通に
まともなホテルでした(´∀`)
冷蔵庫のドリンク飲み放題で、
珈琲も豆から挽くタイプで…って、
それはそれでどうかと思うがwww
きりは普段から豆を挽くひとだけど
普段しない人は超面倒じゃね?
ちなみに男共は6人もいるので
雑魚寝の大部屋だったのですが、
他には不備もなく問題はなかったのですが…
女性2人の部屋はあれやこれやと問題があったようで…
それについては、この方のこのブログ
このブログで詳しく書かれています(長文注意)

チェックイン後、宿泊に付いていた食事を
何故か○木亭で済ませ、函館の夜景を見るため
車で函館市内へ(・∀・)
市内に近づくと花火の音がしてきて
賑わいを感じさせます♪
夜景を見るため函館山に登るケーブルカー
付近の駐車場に車を止めると
フィナーレの花火が…


一応動画が残っていました。
ちなみに写真は全部ブレていましたorz

見終わった後、ケーブルカーに乗り
函館山山頂へ。きりは二度目ですが…

12071572.jpg
函館湾と津軽海峡の海の部分が黒く、
海岸線をなぞるように光が…
やはり綺麗なものです(´∀`)

そして中心近くに塔らしきものが…

12071573.jpg
方向からすると五稜郭タワーかな?
ちなみに最終日はここへ行きます(・∀・)

てわなけで、最終日は別エントリーに
なってしまいました…またつまらぬモノが
続いてしまった…(;´∀`)

晴れ時々ノベリティ


<<北海道へ行ってきた(9) | ホームへ | 北海道へ行ってきた(7)>>
コメント
再びおはようです。

なにおおっしゃいまするか!
文章だけの私より格段の旅行記ですよ。

つなみに私のデジカメはフラッシュたかなかったので影絵です。
【2012/08/17 10:01】 | ゆす #- | [edit]
じんにちわー、ゆすちん(´∀`)

いや、画像に頼らずに情景を伝えてこその
文章力ですよ(・∀・)
ゆすちんのブログなんてもうブログではなく
読み物として読まれているではないですかw

フラッシュって、夜景とか花火には使ったらだめですよ?
【2012/08/18 12:37】 | きり #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiritsubosan.jp/tb.php/80-3c45c912
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)